アルコシステム 審査 ブラック

審査が通らなかったときどうすればよいか?

>審査のしくみ 消費者金融

 

借り入れの審査はどのような基準で行われているのか?

 

どこのローン会社でもなかなか審査が通らない場合、なにが悪いのか?

 

 

申し込みがされますと、動画のような基準で、あなたの個人情報が審査されます。

 

個人情報とは

 

1. 個人情報   氏名、生年月日、住所、電話番号、勤務先 など

 

2. 借入情報   借入日、借入金額、完済日 など

 

3. 事故情報   延滞があれば延滞に関する情報 などです。

 

このような情報は信用情報機関に登録されていて、これはキャッシングの審査には必要不可欠な外部の機関です。

もちろん、キャッシングを利用したことがある人の情報しか登録されていません。

 

キャッシングの企業は、その情報 をチェックして、融資できるかどうか、またいくら融資するのかを決めるのです。

 

現在、日本には5つの信用情報機関があります。どこに加盟するかは、企業が選ぶことができるのですが、消費者金融系・銀行ローン系など業態によって分かれているのが現状です。

 

中でも最も多くの情報が登録されているのが「全国信用情報センター連合会」で、なぜならここに登録することが義務づけられているからです。

 

全国信用情報センター連合会での情報だけで、融資の可否が決めるわけではありません。
実は、各金融会社の中には独自のデータにもとづいた与信システムが確立されています。

 

この与信システムというのは、過去の利用者の中から、申込者に最も近い(似ている)人物をモデルとしてピックアップし、そのモデルの利用状況を見たうえで、申込者の今後を推測するという方法です。

 

つまり審査の結果は、外部の信用情報機関の情報、内部の与信システムの結果、さらに本人確認などによって決定するのです。

 

このほかにも、保険証が社会保険か国民保険かによっても審査は左右されることがあるようですよ。

ブラックリストはどんなリスト?

実をいうと、ブラックリストというリストは存在しません。
返済日から3ヵ月以上遅れると、ブラック情報として延滞の事実が登録されます。これが「ブラックリストに載る」ということです。

 

その後、たとえきちんと返済しても、この延滞のブラック情報は数年のあいだ消えません。

 

そして、キャッシング業界では、利用者の支払い状況を非常に重要視します。

 

ですから、新たなキャッシングを申し込もうとしても審査で不利になってしまうわけです。

 

また、ブラック情報には延滞だけではなく、債務整理、調停、破産などのすべての事故情報が登録されます。

 

金融機関側としては短期間に申し込みが集中して沢山あったということは、かなり「お金に困っている感」は伝わってしまいます。

 

仮にそうでなくても。それに、いっきに借入れが増える気配にも感じ取られ「返済は大丈夫なのか?」と金融機関は慎重にならざるを得ません。

 

すぐにキャッシングが必要になったからといって「どこでもいいから申し込む」というのではなく「ご自身に合った金融機関のサービス」を選ぶ必要があるのです。ましてや「適当に数社に申し込む」というのは今後の借り入れに大きなマイナス要素を作ってしまいますから注意してください。

 

審査の基準は、金融機関によって違いますし、その審査基準も公になっている以外で、私の見る限りでは裏での情報がかなり影響している場合がある感じがします。

 

といいますのは、審査に必ず通りそうな人が、通らなくて、いわゆるブラックといわれる人が意外と審査に通っているという事実があるからです。

 

 

同じ条件で同じような借り入れを申し込みしても、ある人は審査が通らなくて、ほかの人は審査が通った。

 

あるいは、同じ条件で、金融会社を変えたら、借り入れができた人、できない人がある。ということは、ネット上で口コミ情報を見てもたくさん出ています。

 

これらから推察しますと、ほかの何か私たちではわからない審査基準があるではないかと考えてしまうのですね。

 

基本的に貸し出しする金融機関としては、ブラックであろうと、多重債務者であろうと、確実に返済をしてくれる人でしたら貸し出しがOKということになるのでしょうね。

 

ですから、借り入れ条件が悪い方は、そのあたりを十分考慮して、確実に返済できる人間性であることをアピールすることが大切ではないでしょうか。

 

相性というものがありますから、たくさんの金融機関の中で必ずあなたと相性の良いところが必ずありますから、あきらめずに挑戦してみましょう。

 

ブラックでも審査してくれる金融会社はこちらこら

 

アルコシステムお申し込みはこちら ↓ ↓ ↓