無料・無審査でVISAカードを作る方法

無料・無審査でVISAカードを作る方法 7.25

無料・無審査でネット銀行のVISAカードを手に入る方法をお教えします。

ネットでアフィリエイトやビジネスをするのに、ネット銀行の口座とさらにVISAカードをもっていたほうが何かと便利です。

 

無料・無審査でネット銀行のVISAカードを手に入る方法をお教えします。

 

ネットで無料・無審査ということは?

無料、しかも無審査でということは 無職でも学生でも、ブラック破産者でも VISAカードを手に入れることができるということです。

 

無職でもVISAカードを手に入れる方法を言います。

 

基本的にクレジットカードを無職者がもつことはできません。

 

あたりまえの話ですが、返済能力がない人にお金はどこもかしません。

 

しかし、あなたが満16歳以上であればVISAカードとして使える、 デビットカードというものを作ることができます。

 

デビットカードというのは クレジットカードのような4桁が4つ、16桁の番号をもっているんですが 銀行から直接お金が引き落とされるカードです。

 

本来、デビットカードというのは 銀行のカードのことを言うようです。

 

お店でも、デビットカードOKというところは、 銀行のキャッシュカードを出せばそこから直接お金を引き落としてくれます。

 

それのVISAカード版と言えばいいでしょう。

 

要するに直接、お金を引き落としてくれるわけです。

 

逆に言えば 口座にお金がなければ、それは決済不能と処理されます。

 

VISAデビットカードは イーバンク銀行で「イーバンクマネーカード」を作ります。

 

「イーバンク銀行が発行する VISA デビット機能付キャッシュカードです。

 

お客さまの当行普通預金口座残高の範囲内で国内外の VISA 加盟店にてショッピングが可能です」 と記載があります。

 

もっとも「VISA デビット機能付キャッシュカードです」と言われても 「?」な方が多いのではないでしょうか。

 

「VISA デビット機能」というところが 「?」な部分だと思います。

 

「VISA デビット機能」は 「VISA が使えるお店でカード決済を利用すると銀行口座(イーバンク銀行口座)から ほぼリアルタイムに現金が引き落とされる」という機能です。

 

こういう機能を「デビット機能」という

 

「VISA」の決済ネットワークを使うから その機能名称を「VISA デビット」といいます。

 

イーバンクマネーカードには 「VISA」のロゴが付いていますが これは「VISA」のお店で使えますという意味であり 「クレジットカード」であることを意味しません。

 

因みにお店の方には「イーバンクマネーカード」が 「クレジットカード」なのか「デビットカード」なのかはわかりません。

 

よってお店で支払う際にも「デビットで」等と言っても あまり意味がありません(かえって混乱を招く場合があります)
お店の人に「お支払い回数は?」と聞かれたら とりあえず「1回で」と言っておけばいいでしょう^^

 

VISA のお店で使えるプリペイドカード

 

利用可能金額(残高)は そのときのイーバンク普通預金残高」 という理解でよろしいかと思います。

 

それでも「???」という方は 実際利用していただくのが一番。

 

その後イーバンクの残高照会で ご利用金額が引き落とされているのを見ればご理解いただけると思います。

 

もちろん、イーバンク口座の普通預金残高がご利用金額に満たない場合は利用ができませんのでご注意ください。

 

現在では、いろんな会社がこのようなカードを発行していますので、クレジットカードが作れない方は、ご利用するといいでしょう。